1人の読者を満足させる事が成功の鍵だった・・・【成果でます】

☆お悩み解決⭐︎ぱずるのピース

こんにちは、じぇいすけ®です。

‪ ‬

SNSを頑張ってるのにフォロワー増えないなぁ・・・

ブログも誰も見てくれない・・・

‪ ‬

そう思ってませんか?

‪ ‬

こんなお悩みをサクッと解決します。

‪ ‬

‪ ‬

先日、下記のツイートをしました。

  • 【あなたは何の専門家ですか??】

何の情報を発信してくれるのかわからない人にはフォロワーは集まりません。

  • ✖︎例・副業の専門家。
  • ◎例・30歳の副業をはじめようかと迷ってる人を解決する為の専門家。このくらい明確であった方がいいですね☺️

‪ ‬

‪ ‬

まず、あなたが書いてる内容は悪くないんです。ただターゲット選定されてなく軸がブレてる可能性があるなら響かないだけなんです。

‪ ‬

その結果ツイート内容に困ったり、フォロワーが思うように増えないのです。

結論から言います。

その解決法はカンタンです。

ペルソナの設定ですべて解決します
 
誰に発信するかを明確にするということ。
ペルソナ設定をした効果としては
 
  • フォロワーがしっかり増える
  • 増えることによりブログもみられる
  • PVがあがり信用があがると収益がでる

ペルソナ設定とは

1人の読者を満足させる記事の書き方です。

万人受けを狙うといけません。あくまで1人の読者を設定します。

つまり見た人が私宛に書いた記事だ!と思えば完璧です。

 
  • たった1人の読者をイメージるすこと
  • 読者にとって魅力的な記事を書くテクニック

ペルソナ設定が必要な理由

‪ ‬

ツイッター&ブログの戦略は企業や恋愛と同じ攻略法なんです。狙ってるターゲットが明確だから戦略がたてられるのです。

恋愛の場面だとツイートはラブレターと同じです。つまり、ラブレターはむやみやたらしてもNG。ピンポイントでターゲットに書くから心が動くのです。

恋愛の歌が心に響くのは、歌手が誰かに向けて歌っているから。つまりペルソナの設定がしっかりしているからです。

つまり設定した誰か1人にだけ情報を届けるということです。

‪ ‬

ペルソナ設定で得られる効果

ペルソナ設定をして得られた効果

クリック率180%

成約率150%

にUPしたという報告もあります。発信する的をしっかり絞るだけでこんなにも成果に変化がおきます。

ペルソナ設定の10項目

実際にその人が存在しているかのように徹底的に細分化して1人の人物を創りあげます。

 
※この設定は徹底的に明確であること
※細かく明確であれば情報発信しやすい

基本情報

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地など

職業

  • 大学 学部
  • 業種 役職
  • 最終学歴

生活パターン

  • 起床時間
  • 通勤時間
  • 勤務時間
  • 自炊派 or 外食派
  • 就寝時間
  • 休日の過ごし方
  • ルーティン

性格

  • 長所
  • 短所
  • 価値観・物の考え方
  • 興味があること
  • 困っていること

趣味

  • 平日にする趣味
  • 休日にする趣味
  • 好きなこと
  • 苦手なこと

人間関係

  • 家族構成
  • 友人関係
  • 会社関係
  • 恋人、配偶者の有無
  • 子供の有無

収入・貯蓄等への考え方

  • 月の給料
  • ボーナス
  • 副業しているのか
  • 貯金額
  • お金への考え方
  • 投資・運用
  • 保険 etc…

SNS・インターネット

  • SNS利用状況
  • ブログ
  • note
  • アフィリエイト 
  • 利用時間  etc…..

世間の流れへの思考

  • 流行への考え方
  • 世間の情報の感心
  • 好きなインフルエンサー
  • 好きな芸能人 etc…..

  • 目標
  • 熱意・熱量
  • 野心・野望

ペルソナは定期的に見直しましょう

ペルソナは設定して終わりじゃありません。人間と同じで変化していきます。そのベースのペルソナ像をよりリアルにアップデートしていくことが必要です。

まとめ

誰に発信するかをペルソナ設定で明確に決めたら、そのターゲットにむけてツイートするので内容に困らず、そしてブレずに統一性がでてきます。

そうすると、ターゲットに当てはまる人達にフォローされてフォロワーが増えます。ブログへの感心度も高まるのでブログのPVもあがり収益化もされます。

ペルソナの設定でターゲットにした「1人」にむけて発信し続けましょう。その1人に当てはまる人は必ずたくさんいます。

1%のホンモノになろう!!

タイトルとURLをコピーしました