信頼を勝ち取る〜戦略まとめ〜

☆仕事・心理学☆〜営業の戦略〜

小学校の時に
「〇〇ちゃんが、あなたのこと好きみたいだよ」
って言われて

そこから気になり出して

逆に好きになった経験ありますよね。

‪ ‬

1分で読めます スタート!

“この商品いいな!”

“この営業マンいいな!”

ってなると

“購入の境界線ハードル”が突破しやすくなります。

その境界線より前の話。

“この商品いいな!”

“この営業マンいいな!”

のアプローチが“自分主体”でなく

“第三者主体”のアプローチだった

そんなことありませんか

‪ ‬

‪‪

■ウィンザー効果

ウィンザー効果とは

“そのモノやコトの効果”直接伝えられるよりも

第三者から間接的に聞いた方が

“信憑性”が高まるという法則

‪ ‬

例えば

・上司から直接
「よくがんばった!ありがとう」  

‪ ‬

・  他の社員から間接的に
「〇〇上司があなたのことスゴく褒めてたよ」

‪ ‬

‪ ‬

どちらも嬉しいですが、どちらかというと

間接的に聞いた方が”リアル”に聞こえますよね。

‪ ‬

・Amazonや楽天の☆レビュー

・☆のレビュー件数が多い

・☆レビューの評価が高い

レビューを見て「買おう!」ってなりますよね。
逆に
欲しかった商品でも
レビューが悪すぎたら、ためらいますよね。

■営業マンから直接

「私が担当します。ご安心ください。」

■お客さまから間接的に

「あの営業マンに担当してもらったらいいよ」

‪ ‬

商品のアピールはお客さまにしてもらう戦略。

・インスタにUPしてくれたら大盛り無料

・ツイッターに投稿したらタピオカ半額 etc….


ウィンザー効果を利用した戦略的広告です。

■まとめ


“第三者の言葉は効果がある”
ウィンザー効果は第三者からの情報が多いことによりできる効果。

第三者から聞くと”より信頼性が増す”
なぜなら、第三者が
“他人の名前を使ってまでお世辞をいうメリット”が
ないことを皆知っているから

「リアル」になる。

普段 どんな人にも“良い対応をしている人”
どんなお客さまにも“良い接客をしている人”


狙わずにナチュラルな ウィンザー効果が期待できる。
すごく効果的です。

「1%」のホンモノになろう。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

常に前向きになれる素晴らしい一冊。

ひきこまれます。成功をもらえます。

中村天風さんの本の中で1番読みやすかったです。

タイトルとURLをコピーしました